歯医者開業に駐車場は不可欠です

歯医者さんになるにはとても難しいと言います。
なぜなら、歯医者さんになるには、6年制の大学を卒業し、なおかつ、厚生労働大臣の定めた国家試験に合格しなければならないからです。

そして、歯医者さんになったからといって、安穏としていられるというわけではありません。

大学を卒業後も歯科医の勉強は欠かせないのです。もし、勉強を欠かすことがあれば、それは、医療を受ける患者さんのほうに不利なことが回ってきます。

患者さんは安全で確実な治療を受けれないのかもしれないのです。

また、さらに、歯医者さんが、自分のキャリアアップを目指すためにも、勉強は欠かせません。
例えば、開業するにあたって、大学卒業後の一年間の研修を受けなければならないのです。


この研修を受けなければ、独立はできません。

非常に厳しい世界なのです。



しかし、楽な部分もあります。それは、歯医者の国家資格は、臨床心理士などの5年ごとに更新の試験がある、というようなものと違って、一生、更新の試験を受けることなく、資格を保持できるのです。
ここは、非常に楽な部分であるといえます。

歯科医として独立を考え、病院の建物をどうしようかと考えている時に、必ず必要になってくるのが、患者さんの為の駐車場です。



駐車場がないと、遠くからくる患者さんを受け入れることができないからです。



小規模のクリニックを考えているのならば、駐車場は10台程度で良いと思います。
しかし、大きなクリニックの場合、駐車場は30台程度あったほうがよいでしょう。