マイクロスコープを使用する歯医者さん

現在、歯科での治療にマイクロスコープを使用する歯医者さんが増えました。

マイクロスコープとは、外科手術などで使われる拡大鏡で、細かな部位の治療に適しているため、脳神経外科の手術や心臓の手術などで使用されることが多いのですが、近年では、歯科の治療にもマイクロスコープが使われるようになりました。
では、歯医者さんがなぜ、このような器具を使用するようになったのか説明します。

現在の歯科医療は、予防医学側面が高まり、虫歯や不具合が出てから治療を行うのではなく、虫歯にならないような健康的な歯を保つということで、80歳までに20本残すことが理想的とされるようになりました。



欧米では定期的な健診を行う人が、全体の60%程度に比べて、日本では10%未満と低く、やはり、虫歯になってから歯医者さんに診てもらうという概念が強いようです。



日本でも多くの歯科医院で予防医学の側面が高まり、歯周ポケットなどの細かな部分の見落としが無いように、治療前に歯石除去やクリーニングが行われ、その後、マイクロスコープを使用して隅々まで検査が行われます。


マイクロスコープの使用により、発見しにくい虫歯や、さらに繊細な治療が可能となり、早期で治療を行い、根治し、その後のケアをしっかりと行うことで健康的な歯を保つことが可能となるでしょう。



本t来、脳神経外科の治療で使用される関節アームの設置式デジタルスコープを歯科医療用に改造して治療に用いる医院もあり、歯の神経等の細かな部分の治療に用いられることがあります。